ようこそ

本サイトは、スマートフォン、パソコン、インターネットなど現代生活の一部となっている情報や通信に関する情報を提供するサイトです。現在は、パソコン選びに役立つ情報を中心に、情報を追加しています。

パソコンの種類
パソコンの各種類の特徴の説明です。パソコン選びのためにパソコンの種類やその特徴を知りたい方や、パソコンというものにどんな種類があるかを知りたい方はご覧下さい。
パソコンの用途
パソコン選びを考える上で、パソコンで何をしたいか、パソコンで何をさせられるかを、知っておくことは重要です。ここでは、パソコンの主な用途や、それに必要なハード、ソフトについて説明します。
セキュリティ
パソコンを使う上での基本的なセキュリティについて説明します。
効率化
パソコンを使う上での効率化について説明します。現在はショートカットキーの紹介を行っています。

故障手前が非常にやっかいな乾電池型充電池

乾電池型充電池は、eneloopやevoltaなどの有名商品が社会に定着してからかなりの年数が経過しました。繰り返し使えるイメージが強いのですが、もちろん、性能低下や故障は起こり、買い換えに気をつける必要があります。

このとき、非常にやっかいなのは、故障手前の状態です。乾電池型充電池から液漏れがある、膨らんでいる、ほとんどまたは全く充電できないような場合は故障の判断は容易です。性能低下も、まあまあ使えるなら我慢することもできるでしょう。ところが、故障手前だと見た目は変わらないのですが、極端な性能低下が発生しています。充電も使用も多少は行え、使用可能時間が5分の1とかになっているくらいだと、充電池やそれを使う装置が多数あったり、使用頻度が低かったり、充電する人と使用する人が違っていたりすると、異常に気づくことができません。

解決方法としては、診断機能付きの充電器を使用することです。初期の充電器のラインナップには少なかったのですが、近年のラインナップには、急速充電モデルのようなハイエンドではない通常速充電器にも診断機能付きの製品があります。

平凡な上に、お金がかかった解決方法ではないかと思われるでしょう。ですが、診断機能なしで異常な充電池を発見しようとすると大変です。充電池を使用している機器の使用時間を一つ一つメモしたりして発見することもできますが、大変な手間です。また、異常を発見しても、乾電池型充電池は複数本をセットで使用する機材も多いので、複数の充電池から原因の電池を特定する必要があります。電気を浪費し、一本一本手間をかけて放電テストをするとして、いつ充電池の電気が切れたかを記録する方法を用意する必要があります。これらのことを考えると、充電しながら診断できる高機能な充電器は非常に効率的です。充電池はこんな性能かと思っていても、診断機能で故障手前のものを発見し排除した結果、本来の便利さが戻ってくることもあります。

パナソニック 単3形単4形ニッケル水素電池専用急速充電器 BQ-CC85 [BQCC85]

価格:2,260円
(2019/5/11 17:01時点)

microSDカードアダプタは要注意

ITの世界では、小が大を兼ねたり取って代わることは常です。SDカードの世界もそのような気配があり、スマートフォンや軽量ノートPCの普及などで、安価で高性能な通常サイズのSDカードではなく、多少高価でもmicroSDカードを選んだほうが、使える機器が広がる場合も増えてきました。しかしながら、小さい機器を優先してmicroSDカードを選び、大きな機器にはmicroSDカードアダプタを使えば問題ないと思っていると、足元をすくわれます。

まず、マイクロSDカードは壊れやすいという大きな問題があります。多くのマイクロSDカードアダプタは表と裏の部品を貼り合わせた構造をしており、マイクロSDカードを入れているだけで押し広げられ弱ってきます。使用頻度が高いとあっという間に故障します。前触れとしては、書き込み保護スイッチがゆるくなりますが、こうなったら、すぐに次のものを用意しましょう。また、マイクロSDカードアダプタの規格のレベルが低いと、使用しているマイクロSDカード本来の性能を発揮できない場合があります。また、当然、電気的な接点が増えるので性能低下が起こっても不思議ではありません。

このように、マイクロSDカードアダプタの使用はあまり良くないので、使用環境をよく吟味してマイクロSDカードにするか普通サイズのSDカードにするかを決めましょう。特に必要ないが手元のスマートフォンに使ったら面白いかもしれないとか、将来的にいつかマイクロSDカードの機材が来るかもしれないような気がするとか、必要性が基本的にはなかったり、必要になる可能性があいまいなら、通常サイズのSDカードにしておく方が、価格面でも性能面でも安心です。