Windows 11でSDカードなどのドライブ文字が固定できない

Windows 10は、内蔵ストレージやUSB接続HDDだけでなく、SDカードのドライブ文字(ドライブレター:Windows起動ドライブのc:など)も、ちょっとした工夫で固定することができました。ところが、Windows 11では、SDカードのドライブ文字は、固定したつもりでも、再起動すると勝手に空いている先頭のアルファベットに割り当てられてしまいます。例えば、SDカードのドライブ文字をx:に固定しても、再起動すると、c:とd:が使われている状態ならe:が割り当てられてしまいます。完璧ではありませんが、これを解消する方法を2つご紹介します。

  • マウントする
  • タスクスケジューラとコマンドによりWindows起動時にドライブレターを変更する

マウントする

マウントは簡単で確実ですが、何らかのフォルダの下にドライブの内容が来るという状況になります。具体的な操作方法は、

Windowsでストレージをフォルダの下に置いてアクセスしたい

にあります。Windows 11においてもマウント場所は勝手に変更されないようです。マウント先をドライブのルートにするのは不可能で、何らかのフォルダの下にしかマウントすることはできません。何らかのフォルダの下でも問題ないなら、これによってドライブの固定が事実上実現できます。

タスクスケジューラとコマンドによりWindows起動時にドライブ名を変更する

こちらはマウントに比べると手間が相当にかかる上に、状況により確実性がありません。ここでは、SDカードはWindows起動時にすでに挿入されていることを前提として、タスクスケジューラとコマンドを使用する方法をご紹介します。コマンドの作成は、

ドライブ文字をコマンドやバッチで変更する

を参考にバッチファイルを作成してください。

  1. 「スタート」ボタンを右クリック→「コンピュータの管理」をクリックして「コンピュータの管理」を開く。
  2. 一番左のペインの「コンピュータの管理(ローカル)」下の「システム ツール」下の「タスク スケジューラ」を右クリック→「タスクの作成…」をクリックし「タスクの作成」ダイアログを表示する。
  3. 「全般」タブで、「名称」に適当な名称、「ユーザがログオンしているかどうかにかかわらず実行する」をチェック、「最上位の特権で実行する」をチェックする。
  4. 「トリガー」タブで、「新規…」ボタンをクリックして「新しいトリガー」ダイアログを表示する。
  5. 「タスクの開始(G)」で「スタートアップ時」を選択し、「OK」ボタンをクリックする。
  6. 「新しいトリガー」ダイアログで「OK」ボタンをクリックする。

となります。今回は単純にWindows起動前にSDカード挿入というような状況を想定しましたが、SDカードの使用スタイルにより、「タスクの開始(G)」の内容を適切に選択すると良いでしょう。