小型デスクトップPC - パソコンの種類

弁当箱サイズ程度の机に設置して使用するPCです。画面やキーボードは内蔵しておらず、1kg程度と軽量です。本サイトでご紹介するカテゴリの中でも比較的マイナーな存在で、メーカーのラインナップも多くはなく、安価で中くらいの性能という扱いがほとんどです。有名な機種としては、アップルのMac miniくらいしかありません。

長所としては、

  • 安価である。
  • デスクトップにしては小さい。
  • そこそこ以上の性能である。
  • ディスプレイやキーボードを選べる。

などが挙げられます。ディスプレイなどを内蔵していないので安価なものが多くなっています。デスクトップPCの中では特に小型なので、場所を取らず設置場所の自由度も高くなります。小さくはあるのですが、モバイルノートPCのようにバッテリ駆動時間などを気にする必要がないこと、どちらかというと玄人向けであることなどから、中くらいの性能以上のものが多くなっています。ディスプレイやキーボードが内蔵されていないのは一見欠点にも見えますが、機器選択の自由度が高いという見方もできます。例えば、動画編集で30型のディスプレイが必要な場合や既存の機器を活用したい場合などにはむしろ有効です。

短所としては、

  • ディスプレイやキーボードがない。
  • 移動させるのが難しい。
  • 高性能なものが少ない。

などが挙げられます。ノートPCのようなものが必要な場合には適しません。ただし、外見から明らかにわかることなので、誤って選ぶことはないでしょう。また、外付けディスプレイやキーボードが必要なので、持ち運んだり移動したりすることは困難です。小型であるため、性能、機能を盛り込みにくく、拡張性も乏しくなっています。モバイルノートのように売れ筋カテゴリでないためか、高性能をがんばって盛り込んだりすることもほぼありません。業界の傾向として、デスクトップPCで高性能を目指す場合は、フルタワーPCなどの大型の筐体を用いて、徹底的に高性能を目指す傾向が強いので、小型デスクトップで目立って高性能なものはほとんどありません。

中型モバイルノートPC - パソコンの種類

1.4kg以下900g以上の持ち運びやすいノートPCです。一般的なカテゴリではありませんが、超軽量ノートPCと確実に区別するために、用意したカテゴリです。画面サイズは、10型から13型くらいで、性能は最低限から高性能まで多彩です。かつては日本製の独壇場でしたが、アメリカ企業や韓国企業、中国企業も参入してきており、現在、最も競争の激しいカテゴリです。有名な機種としては、アップルの13インチMacBook Pro(2016)、パナソニックのLet’s note MX、VAIO社のVAIO Zなどが挙げられます。

長所としては、

  • 持ち運びやすい。
  • 性能、機能がそこそこ充実している。
  • デザインにこだわった製品が多い。

などが挙げられます。超軽量ノートPCには及びませんが、持ち運びやすくなっています。ただし、毎日のように持ち運ぶなら、できれば1.2kg以下が良いでしょう。最近では、性能、機能も非常に向上しており、高性能な機種を選べばビデオ編集や3Dゲームにも使用することができます。

また、最近の激戦カテゴリで、比較的高価な製品が多いこともあり、デザインが優れた製品も珍しくありません。デザインで定評のあるMacBookやVAIO Z、圧倒的なカラーバリエーションのLet’s note RZ/ SZ/ LXなどがあります。

短所としては、

  • 高価なものが多い。
  • 画面が小さい。
  • 非常に本格的な用途では足りない場合がある。
  • インタフェースにアダプタが必要な機種が多い。

安価な製品も増えてきましたが、日本製を選んだり、性能、機能、デザインで欲張ると、高価なものになってしまいます。本格的に使用すると真っ先に画面サイズに不満が出てきます。例えば、動画の編集では、複数の動画や音声のタイムライン、様々な設定のための様々な操作パネル、動画のプレビュー表示など、非常に多くの要素が表示され、大きな画面が必要となります。また、大規模な文書作成では、大画面で文書を一覧できると効率的な場合も多いです。近年、低価格化が進んでいる大型ディスプレイを購入して接続するのは効果的な解決法です。

高性能な機種を選んでも、非常に本格的な3Dゲームや3D映像制作をやろうとすると、さすがに性能も機能も画面サイズも足りません。その場合には、本格的なクリエイティブ用途のための大型デスクトップPCが必要となります。3D映像処理のための部品であるGPUカードは、非常に高性能なものになると、モバイルノートPCのサイズの半分以上あります。モバイルノートPCだけで全てを何とかするのは難しいことがわかるでしょう。また、安価な中型モバイルノートPCだと、基本的に性能面で足りない場合も多いので、唯一のPCとすることは注意が必要です。

薄さのを優先してアダプタがないとUSB、VGA、HDMIなどが使えない機種も多めとなっています。出先での発表や会議など状況によっては、アダプタを忘れてしまうと、PC本体を忘れたのと変わらないくらい危機的になる場合もあります。インタフェースを重視するなら、let’s noteシリーズのようにインタフェースを標準装備している機種を選ぶことも重要となります。