microSDカードアダプタは要注意

ITの世界では、小が大を兼ねたり取って代わることは常です。SDカードの世界もそのような気配があり、スマートフォンや軽量ノートPCの普及などで、安価で高性能な通常サイズのSDカードではなく、多少高価でもmicroSDカードを選んだほうが、使える機器が広がる場合も増えてきました。しかしながら、小さい機器を優先してmicroSDカードを選び、大きな機器にはmicroSDカードアダプタを使えば問題ないと思っていると、足元をすくわれます。

まず、マイクロSDカードは壊れやすいという大きな問題があります。多くのマイクロSDカードアダプタは表と裏の部品を貼り合わせた構造をしており、マイクロSDカードを入れているだけで押し広げられ弱ってきます。使用頻度が高いとあっという間に故障します。前触れとしては、書き込み保護スイッチがゆるくなりますが、こうなったら、すぐに次のものを用意しましょう。また、マイクロSDカードアダプタの規格のレベルが低いと、使用しているマイクロSDカード本来の性能を発揮できない場合があります。また、当然、電気的な接点が増えるので性能低下が起こっても不思議ではありません。

このように、マイクロSDカードアダプタの使用はあまり良くないので、使用環境をよく吟味してマイクロSDカードにするか普通サイズのSDカードにするかを決めましょう。特に必要ないが手元のスマートフォンに使ったら面白いかもしれないとか、将来的にいつかマイクロSDカードの機材が来るかもしれないような気がするとか、必要性が基本的にはなかったり、必要になる可能性があいまいなら、通常サイズのSDカードにしておく方が、価格面でも性能面でも安心です。