小型デスクトップPC - パソコンの種類

弁当箱サイズ程度の机に設置して使用するPCです。画面やキーボードは内蔵しておらず、1kg程度と軽量です。本サイトでご紹介するカテゴリの中でも比較的マイナーな存在で、メーカーのラインナップも多くはなく、安価で中くらいの性能という扱いがほとんどです。有名な機種としては、アップルのMac miniくらいしかありません。

長所としては、

  • 安価である。
  • デスクトップにしては小さい。
  • そこそこ以上の性能である。
  • ディスプレイやキーボードを選べる。

などが挙げられます。ディスプレイなどを内蔵していないので安価なものが多くなっています。デスクトップPCの中では特に小型なので、場所を取らず設置場所の自由度も高くなります。小さくはあるのですが、モバイルノートPCのようにバッテリ駆動時間などを気にする必要がないこと、どちらかというと玄人向けであることなどから、中くらいの性能以上のものが多くなっています。ディスプレイやキーボードが内蔵されていないのは一見欠点にも見えますが、機器選択の自由度が高いという見方もできます。例えば、動画編集で30型のディスプレイが必要な場合や既存の機器を活用したい場合などにはむしろ有効です。

短所としては、

  • ディスプレイやキーボードがない。
  • 移動させるのが難しい。
  • 高性能なものが少ない。

などが挙げられます。ノートPCのようなものが必要な場合には適しません。ただし、外見から明らかにわかることなので、誤って選ぶことはないでしょう。また、外付けディスプレイやキーボードが必要なので、持ち運んだり移動したりすることは困難です。小型であるため、性能、機能を盛り込みにくく、拡張性も乏しくなっています。モバイルノートのように売れ筋カテゴリでないためか、高性能をがんばって盛り込んだりすることもほぼありません。業界の傾向として、デスクトップPCで高性能を目指す場合は、フルタワーPCなどの大型の筐体を用いて、徹底的に高性能を目指す傾向が強いので、小型デスクトップで目立って高性能なものはほとんどありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です